【華陽洞】Blind Art Restaurant

建大入口駅近くにあるアートレストランで、
不思議な食事をしました。

受付で携帯、時計など光る物はすべて預け、
真っ暗闇の中で食事をするんです。
待合室のようなところ。
少しゴージャス感。笑

ダイアログ・イン・ザ・ダークのようなイメージでしょうか。
店員さんに席まで案内され、着席。

本当に真っ暗なので、何も見えない。
こわい。スピーカーからは陽気な声で
お姉さんが挨拶やら、料理の説明やらをしてるけど韓国語なのでほぼ聞き取れず😂

店員さんは暗視カメラをつけているようで、テーブルにはタパス、サラダ、メイン料理、ピラフ、デザートと次々に料理が。

見えないからすべて手探り。
目が見えないってこんな不安になるのか。

※お店の公式HPからお借りしました。

こんな感じだったみたいです。

うん。意外と食べられる。
そして美味しい。

アートレストランらしく、
考えるな。感じろ。
てこうゆうこと…??
とか思っていたらあっという間に食事終了。
1時間弱くらいの不思議体験。

目が見えないからこそ、
心を研ぎ澄ますことに集中した
ような気がします。

日常ではなかなか味わえない感覚。

お店は完全予約制で
真っ暗な中食事するので、
韓国語が出来る人と一緒に行くことを
おすすめします🙆


Blind Art Restrant

☆動画で食事の様子などみれますよ〜☝️

ソウル市広津区華陽洞2-49
(서울시 광진구 화양동2-49 B1F)
※完全予約制

Little Korea Book

韓国のかわいいところをゆるっと集めたブログ✍️ おもにカフェとごはんと雑貨。大人が満足できる宿。 instagram@saliy83 管理人✍️ 東山サリー Higashiyama Sali 韓国コーディネーター 🇰🇷が好きすぎてフリーランスに。 月の半分韓国にいます。 韓国カフェ狂☕️ ※写真の無断使用・転載は禁じております。

0コメント

  • 1000 / 1000